アメリカ式の食事に飽き飽きしました

学生時代の夏休みに、4週間の予定でアメリカにホームステイしました。留学の目的は語学だったので、語学学校に通いました。場所はネブラスカ州のオマハ。当時はかなりの田舎町でした。
初めてのアメリカはいろんな物のスケールが大きく、自由な雰囲気にあふれているように感じられました。語学学校は私と同じ日本人の学生が多く、うっかりすると授業の時までも日本語で会話をしてしまうくらいで、それほど英語が身に付いたとは言えない状態ですが、私にとっては有意義な留学体験でした。
一方で、辛く感じたのは、アメリカ式の食事です。当時は、イギリスは食べ物がまずい、とよく聞かされていましたが、アメリカも同様だったように思います。朝食はミルクをかけたシリアル、昼食は学校でサンドイッチ、そしてホームステイ先での夕食は、ハンバーガーだったりピザだったり、ツナサラダだったり、ステーキの付け合せはポテトと決まっていて、和洋食を取り混ぜて食べる日本式の食事と比べるとワンパターン。そして量だけはやたらと多いのです。帰国後しばらくは、ハンバーガーを食べる気になれませんでした。

私が感じた”アメリカ”という国

私は都内の私立大学に通っている大学生です。
費用をかけてもニューヨークに留学する人は多いですね。
昨年の8月から日本の大学を休学し、約10か月間アメリカに留学に行ってまいりました。私が留学先として選んだ学校はケンタッキー州というところに位置しており、私の想像をはるかに超えたド田舎でした
皆様は”アメリカ”といえば、ニューヨークやロスアンゼルスなどの街を思い浮かべるでしょう。確かに私も長期休暇中にこれらの街を回りましたが、イメージ通りの”The アメリカ”という感じでした。しかし、ケンタッキー州は違います。笑 どこを見渡しても一面が自然・自然・自然です。しかし帰国した今、留学先としてこの土地を選んでよかったと感じています。なぜなら、たくさんのアメリカ人と触れ合い、仲良くなることができたからです。私個人のイメージですが、都会のアメリカ人は想像よりかは冷たいです。もちろん中にはとても外国人に対してとても親切な方々もいますが、基本的には私たちが想像する陽気なアメリカ人ばかりではありません。
一方でケンタッキー州の人々は基本的に皆親切な人ばかりでした。誰かが困っていれば必ず声を掛けます。私の目には彼らは、人と人とのつながりをとても重要視しているように映りました。人とすれ違えばたとえ見知らぬ人であっても挨拶する。道に迷っている人を見つけると一緒について行ってあげる。など本当に親切な人ばかりでした。
私はこの留学を通じて”優しさ”ほど大切なものはないのだなと気づきました。

アメリカ留学後の日本での就活

アメリカロサンゼルスに留学をして感じたことは、いくら有名な大学を出たところで、それを活かせないと評価してもらえないということです。過去の栄光になるのかもしれませんが、それを就活などに活用しないともったいないと言われます。しかし、だからと言って就活が有利になるとは感じませんでした。それはもちろん私の個性もあるでしょうし、一概には言えないことです。

ただ、英語を使うような物流業界に行っても、英語は使えなくても大丈夫!とたくさんの学生を集めたいという意志が伝わってくるような説明会だったり、逆に英語を使わないような業界に応募すると、ここまで英語をやってきてどうしてうちに来るの?と言われたりしてあまり有利だとは思えませんでした。むしろ足かせになっているようにも思えます。留学後、がっつりと英語を使って世界に羽ばたくんだ!という強い意志があれば良いですが、私のように留学がゴールだとそれを活かすことはできないのだと感じました。

アメリカ生活で感じたこと

エージェントに無料サポートをしてもらいアメリカ留学をして感じたことは、本当に日本とは全く異なる国であると言うことです。今まで日本に住んでいて、海外旅行をした経験がなかったので、そういったことは考えたことがありませんでした。
しかし、いざアメリカで生活をしてみて、本当に日本とは、全ての面で違いがあると感じました。
まずは、治安についても、色んな問題があると思います。一人で出歩くことが日中でも難しいエリアがあったり、また夜は出歩かない、家には鉄格子がはまっているなど、日本では考えられないことがありました。
また、アメリカの人は、基本的には自由で、周囲の目を気にせず、自分を持っています。異なる人種のるつぼだからこそ、日本のように、全員が協調して、右に倣えでやっていくということがありません。
また、仕事は仕事で、日本のように、上司を敬い、飲み会をしたりとそういったこともなく、家族を大切にしています。文化、言葉が違うのはもちろんですが、人々の生き方なども大きく異なると感じました。

アメリカ留学をするタイミングの決め方

アメリカは国土が広くて日本では味わえない生活環境のため、海外に留学をするために選ばれることが多いです。現地で生活をする時はサンフランシスコとニューヨークは時差があり、早く慣れるようにする必要があります。語学は会話を通してコミュニケーションをするコツをつかむことを心がけ、ジェスチャーなどを交えて情報交換ができるようにしたいものです。

費用をかけてでもアメリカ留学をする目的は人それぞれですが、語学を上達するために行うことが多いものです。英語は幅広い国や地域で用いられ国際化社会に貢献するために学ぶと就職や進学などに役に立ち、大学在学中などに現地で学ぶきっかけにすると今後の人生につながります。

アメリカ留学をするタイミングの決め方は大学在学中はまとまった期間を確保でき、滞在日数や費用を計算して計画を立てると効果が高いです。現地で生活をする時は保険に入らないとトラブルが起きても対処できないため、最適なプランを探す必要があります。

Grand Canyonまで行ったのに・・・

留学エージェントの力を借りてアメリカに留学の際の出来事。2月に母が日本から遊びに来ていたので、グランドキャニオンまで、ロサンゼルスから出発。たくさんのハプニングがありました。現地から私の携帯sprintで契約している携帯電話の電波が全然入らなくて、GPS迷子になったこと。また、トイレが本当に全然無くて、山道で何度かタオルで隠してトイレをしたり、準備が悪いというよりも、予想していないハプニングが大きかったです。

とりあえずすごく昼間は暑くて、四時ごろからまた一気に気温が下がるので、衣類の支度も失敗しました。コンビニや、ガソリンスタンドも殆どないので、ガソリン満タンや、食べ物の用意をたくさんしてから行くべきです。本当に何にもない山道だったのと、夜は真っ暗で何も目印がなく怖かったです。次回は朝早くに出発して、本当
に日が暮れると共に帰ろうと心に誓いました。

しかも、グランドキャニオンにやっと到着したのに、スカイウォークやセドナなどの入場最終受け付けが、なんと!4時半でした。季節やシーズンで閉まることも多いし、天気予報の雨などて、入場の許可が下りない場所もたくさんあるようです。

事前にたくさん人のブログなどで、調べておいたつもりでしたが、ハプニングがたくさんあり、本当に悲しい旅に終わりました。

アメリカ留学で石油王の息子がクラスメイト

アメリカのロサンゼルスへの短期留学を体験してみて、アメリカ留学について思う醍醐味は、さまざまな国の留学生と交流できるところだと思いました。アメリカだからなのでしょうか。本当にさまざまな国から留学生が来ているのですよね。たまたまなのかも知れませんが、イギリス留学では出会えなかった人たちなんかも、アメリカ留学では出会うことができてしまったものですから。

たとえば、よくお笑いなどでネタ的に登場している「石油王」なんかも、アメリカ留学では出会えたわけです。まあ正確に言えば、オイルダラーの息子や孫といった感じですが。というか、オイルダラーの親族なんてテレビ番組でもないのに普通にしゃべることができたわーと、感動したものです。もう、興味の目がリンリンと輝いているようなものでしょう。

なんてことを言っていますが、彼にしても普通のクラスに溶け込んでいましたけれどね。「うわ!オイルダラー」と反応したのは日本人ぐらいなものでしょうか。でも、ここでは言えないですが彼の話はひじょーうに興味深いもので、彼と交流できたことだけでもアメリカ留学は一生のネタ、いや一生の経験になったと思っています。

アメリカNY留学の良いところは?

大学2年生の夏、アメリカのニューヨーク州に短期留学をしに行きました。アメリカ留学といってもニューヨークの他にロサンゼルス・ボストン・シアトルなど複数の候補先がありますが、私のオススメは何といってもニューヨークです。今回は体験談を交えて、アメリカ留学の良さをご紹介します。大学卒業後に再留学したいです。

・観光も楽しめる

ニューヨーク州は自由の女神やエンパイア・ステートビル、セントラルパークなど一度はテレビで見たことのある有名スポットが豊富にあります。留学しながら休みの日は有名観光地に出かけることもできるため「アメリカに来ている」実感を体感できます。

・英語の発音がキレイ

広いアメリカは片田舎に行ってしまうと「英語の発音が悪いこと」があります。せっかく大金はたいて留学をするのですから、せっかくなら発音のキレイな街で学びたいですよね。日本でいうなら東京と同じような環境のニューヨークは都会人が多く、なまりも少なくなっています。私も帰るころには、キレイな発音を習得することができましたよ。

人気の高いバスケットボール

ニューヨークに語学留学に行った時に、せっかくならば行った時に、せっかくならばバスケットボールが見たいと言うことで、プロバスケットボールを見に行くことにしました。
比較的簡単にチケットが手に入るのかなと思ったのですが、バスケットボールはアメリカのスポーツの中でも非常に人気の高いもので、簡単にはチケットが手に入らないと言うことを知りました。特に人気のチームになると、チケットそのものがプラチナチケットで、発売と同時にすぐ売り切れてしまうようです。結局現地に行ってから、いろいろなバスケットボールの試合を探し、そこまで見に行くことにしました。
実際に試合を見に行くと、とても楽しく、エンターテイメントとしてはぜひ見てほしいものだと思います。バスケットの試合よりもショーをしている時間の方が長く、小さな子供でも楽しむことができました。また、観客が参加するようなゲームも数多くあるので、バスケットの試合だけでなく、アメリカの文化そのものを楽しむことができました。