アメリカはやっぱり歯が命

アメリカ人と言えば、歯がすべてを語るなんて言いますが、いまだにそんな感じですし、歯に関しては、日本人の比にはならないほど、彼らにとってはこだわっている部分です。

これは、逆に私は良いことだと思いますし、長い間、食べることを楽しむためでも、笑顔もきれいになるので、推薦します。

では、アメリカ人はどんな風に歯をケアしていくのかをご紹介しましょう。

まずは、乳歯であっても、2歳を過ぎたらデンタルケアに半年に一度行きます。
乳歯の場合、矯正などはしても意味はないので、虫歯があるかどうか、歯に異常はないかどうかなどをチェックしたり、歯磨きの仕方を教えてくれます。

これは、歯をきれいに保つために大事なことなので、すごく良いことだといえます。
ちなみに、小児歯科は子供にとって天国で、DVDもつけっぱなし、ゲームやおもちゃもそろっているので、楽しくて仕方ない場所です。

大人にもカフェや水などが飲み放題になっているので、ちょっとした天国です。私も短期留学でアメリカに行った時によく利用しました。

そして、永久歯になったら中学から高校の間に歯の矯正を1~2年かけてやります。

これは元々の歯並びによってかかる年数も変わりますが、歯並びが良い人でも必ず歯の矯正をします。
保険がきいて、今だと20万円ほどなので、多くの親は、月々数ドルずつお金を貯めておいて、来る日が来たら、それを歯医者に払うというようにしています。

矯正が終わったらそれで歯との付き合いは終わりだと思ってはいけません。
アメリカ人は必ず3~6ヶ月に1回、歯の検診に行きます。

この際に、歯に異常がないかをチェックすると同時に、歯のクリーニングをするのですが、これは保険で賄われるので、無料となります。

さらに、ホワイトニングに関してもアメリカ人はこだわっています。
今ではUVでできるものもあるので、それをする人もいますが、定期的に、時間のかかるホワイトニングをする人も多くいて、常に、歯並びの良さと白い歯を求めているというのは、今も昔も変わりません。

PR|アフィリエイト相互リンク貯蓄健康マニアによる無病ライフ生命保険の選び方お家の見直ししま専科サプリメント心の童話住宅リフォーム総合情報SEOアクセスアップ相互リンク集生命保険の口コミ.COMサプリメント内職 アルバイトオーディオGetMoneyクレジットカードの即日発行じゃけん童話お小遣いNET